ホームお仕事コラム行列のできるカウンセリングセンター>派遣科 小林カウンセラー

派遣の求職者にありがちな症状

  • 「自分にはできないんじゃないか」症候群
  • 「キャリアアップしたい」症候群
  • 「安心できる企業で働きたい」症候群

派遣社員にはこの症状が多く見受けられるが、これについて派遣社員代表の大河原さん(仮名)26歳、女性が相談した。

「自分にはできないんじゃないか」症候群

大河原さん「いいなー、と思う会社があっても、私には大変そうかな、と思って活動をやめちゃう友達が多いんですが…」

【小林カウンセラーからのキャリア処方箋】効くサプリメント『自分の棚卸し』をキャリアカウンセラーとする

「行きたいと思う会社・業種があっても『自分にはできないんじゃないか』と思ってしまい、足踏みしてしまう。確かにそういう方はいらっしゃいます。ただ、それをそのままただ『悩み相談』として伺うのではなく、『なぜそう思ってしまうんですか?』という点をうかがっていきます。一緒に『自分の棚卸し』をしていき、その自信の無さの根拠が見つかったら、そこで初めてそれを排除できる解決策を考えます。

『自分の棚卸し』とは、今まで求職者の方が働いてきたスキルや経験、また、人のつながりなどを、一度全部出して整理することです。この問題の解決法は、この『キャリアの棚卸し』なのですが、これは、なかなか自分一人でするのは難しいです。というのは、どうしても主観が入ってしまったり、ぽっかり忘れている部分があったりするからです。

お薦めなのは、キャリアカウンセラーと一緒に『棚卸し』をすること。無料でやっている紹介会社、派遣会社が多いので、一度相談してはいかがでしょうか?」

「キャリアアップしたい」症候群

大河原さん「次に派遣で働くなら、キャリアアップをしたい、という人にアドバイスをお願いします」

【小林カウンセラーからのキャリア処方箋】効くサプリメント《目標設定を具体的に行う》

キャリアアップって人それぞれなんです。例えば、仕事の中の一つの要素である『対外交渉』の質を上げていくこともキャリアアップですし、『経理』や『人事』という職種の中で経験を重ね、知識や実力をつけてゆくこともキャリアアップです。

自身がどうなりたいのか、キャリアアップしたい内容が何であるのか『目標設定を具体的に行う』これがとっても大切です。

現時点での経験や実力、今の自分に何が不足しているかを理解した上で目標設定を行い、足りない部分を補っていく。そうすれば着実にキャリアアップにつながります。あせらず、ゆっくりと着実に頑張ってください

「安心できる企業で働きたい」症候群

大河原さん「初めての企業に派遣で行くときに皆思っているのが『安心して働ける企業かな?』っていうことなんですけど」

【小林カウンセラーからのキャリア処方箋】効くサプリメント《「条件の安心」ではなく「仕事の安心」を探す》

こういう悩みもよく聞かれるのですが、これも一度、冷静に整理してみることが必要です。あなたにとって『安心』とはなんなのか?

労働における『安心』とは、大きく二つに分けられると思います。ひとつは『雇用条件の安心』、もうひとつは『自分がいきいきと働ける適職であるという安心です。『雇用条件の安心』は、派遣会社によって違いますし、そのときの状況によっても違うでしょう。贅沢を言い出せば、いつまでも『安心』なんてできないかもしれません。

『自分がいきいきと働ける適職であるという安心』はどうでしょうか?これは選ぶ会社によって変わることなので、選択肢は多いですし、ある程度は贅沢に、厳しく選んでいいと思います。業務に落ち着いてステップアップしていくには、後者の『安心』にこだわっていくのがサプリメントといえます。この『安心』できる会社を、派遣会社と一緒になって整理し、探していくことをお薦めします。

「知らない企業に派遣で向かうことで不安なときは、冷静に、ひとつずつ噛み砕いていくことが必要だとわかりました。みなさんも、自分一人でそれを判断するのが難しい場合は、カウンセラーにヒアリングされてみるのはいかがでしょうか?」

オンライン登録