ホームお仕事コラム行列のできるカウンセリングセンター>未経験科 須田カウンセラー

未経験の求職者にありがちな症状

  • 「働くことが怖い」症候群
  • 「辞めるかどうか迷っている」症候群

未経験の方にはこの症状が多く見受けられるが、これについて未経験代表の堀切さん(仮名)24歳、男性が相談した。

「働くことが怖い」症候群

堀切さん「僕の周りには、もともと自信がなくて、社会に出て働くなんて、自分にはできないんじゃないかと思っている人が多いです。何か自信を持ついい手はないでしょうか?」

【須田カウンセラーからの処方箋】効くサプリメント《過去の成功体験を見つけ出す》

未経験、一度も働いたことがない方の場合、なかなか『働く』ということに自信を持って踏み出すことが出来ない方がいらっしゃいます。そんな方には、一緒に過去の『成功体験』を見つけ出す作業をいたします。

『成功体験』といっても、そんな仰々しいものではなく、アルバイトの経験などからも探していただきます。アルバイトも立派な社会経験ですし、その中で、何か一つでも『成功体験』をしていれば、それはその方の武器ですし、面接で言える材料です。

たとえばコンビニエンスストアのアルバイトで、ある常連のお客様の顔を覚えていて、よく買われる雑誌を取っておいた。すると、そのお客様に気に入ってもらい、その店から定期購読していただけるようになった、という経験があったとします。これも立派な、コミュニケーション能力、企画力のアピールになります。

他にも、ファーストフードのアルバイトで、ハンバーグを早く焼くやり方を考えついたとか…。最初はなんでもいいんです。とにかく、難しく考えている人ほど、なかなか仕事につけないので、リラックスして考えていただきたいと思います。皆、最初は未経験なんですから、気にする必要はありません。

「辞めるかどうか迷っている」症候群

堀切さん「僕の周りは学生時代、バイトをしていても、すぐにいやになって 辞める人が多かったです。どうすれば辞めないようになりますか?」

【須田カウンセラーからの処方箋】効くサプリメント《まずは自己分析をしてみる》

最近特に、会社を簡単に辞められてしまう方が多いですね。それも、『いてもムダだ』『なんかイヤだ』などという簡単な理由が多いです。

ただ、それはあまりお薦めできません。辞めるのが早いと、職歴が増えるだけで、それはその人のためにならないからです。辞めるにしても、次の職場が決まってからにするのを薦めております。

では、どうやって次の職場を決めるとなったときに、大切なのが自己分析です。次の会社は、すぐに辞めることがないように、なるべく自分に合ったところを選んでいただきたいと思います。自己分析は、人材派遣会社等に相談して行ってもいいですし、自己分析の本を参考にしてもよいでしょう。

とにかく、勢いで辞めて、次が見つからない…という事態は避けていただきたいですね。辞めなければ、イヤな職場でも収入はあるんですから。

一度も働いたことのないかたは、深く考えずに、まずやってみることが大事だということです。もちろん自己分析も大事ですが、それだけでは前に進まない…。みなさんもまずは登録・面接だけでもしてみて企業のことを知ってみるのはいかがですか?

オンライン登録