ホームお仕事コラム働き方のメリット&デメリット>契約社員

メリット

就業期間など希望に合わせた働き方ができる

最近ではコア周辺業務や新規事業での契約社員(準社員と呼ぶ場合もある)で対応するケースが多くなっている。契約期間や業務範囲を明確にした就業条件が提示され、それに自らの希望(例えば3年後に海外留学など)を組み合わせて働くことも可能。

定められた契約の範囲内で勤務できる

採用時の契約範囲内で勤務でき、希望の業務とかけ離れた異動は少ない。長期間働いている場合、何度目かの契約で大きな異動を持ちかけられることもあるが、それを受諾するかは、本人の意思次第とされている。

高い専門性や能力が評価されれば、正社員登用の可能性もある

ひとつのプロジェクトや部署で働くために、専門性の高いスキルが身につきやすい。それを元に、更なる昇給や、キャリアアップ転職ができる。持っている資格やスキルをフルにアピールできれば、正社員以上の収入を得られることもある。企業によっては、正社員と業務範囲や責任度合が大きく違わない場合、ステップアップのために正社員として登用するケースもある。

デメリット

会社との間に何かおきても、間に入ってくれる人がいない

「企業」との間に「派遣会社」を通す「派遣社員」と違い、間に仲介者が入っていないので、トラブルがあっても自分で解決しなければならない。特に契約更改時に、契約終了や、不利な条件を提示されても甘んじて受けなくてはいけないケースがある。

ボーナス、昇給、退職金が無いケースが多い

月々の収入でいえば、正社員よりも高い場合もあるが、年収単位で見るとどうしてもボーナス分では正社員に劣ってしまう。だが、特定の業務に専念してスキルアップしたい人には適した雇用形態であり、仕事観の捉え方次第である。

オンライン登録