ホームお仕事コラム働き方のメリット&デメリット>紹介予定派遣

メリット

正社員に登用されることが前提である

最長六ヶ月の契約更新時に、企業側に認められれば、正社員に登用される。派遣期間中は、経験やスキル、周囲のメンバーからの評判などが評価対象となるため、地道なスキルアップへの努力はもちろんだが、日々の業務に対する姿勢にも気をつけたい。

派遣期間中に十分に企業を見極められる

派遣先の企業は、労働者を正社員にふさわしいかどうか日々の仕事で判断しているが、労働者側も企業をじっくり見極めたい。違うと判断すれば正社員への登用を拒否できる。双方にとってリスクの少ない雇用形態だといえる。

正社員としては入るのが難しい大手にも入社できる可能性がある

門戸の狭い大手企業や人気企業に、正社員で採用されるのは非常に厳しい場合も、紹介予定派遣としてであれば、入れる可能性が高くなる。6ヶ月ののちに企業に認められれば正社員として登用される。大手企業や人気企業で働いた経験を、今後キャリアアップしていくためのプラス価値にしていくこともできる。

デメリット

派遣期間中は、ボーナスがない等、給与が高くない場合が多い

正社員での登用を前提としているとはいえ、六ヶ月間は派遣社員としての待遇である。業務としては正社員レベルのことを要求されながらも、その間の待遇は派遣社員としてであることを認識しておく必要がある。

労使間の都合によっては、正社員になれない場合もある

派遣社員としての期間は、正社員のサポート的な業務をすることが多い。しかし、仕事のクオリティやスピードは正社員と同等のレベルを要求される。正社員のサポートをこなし、スキルを磨きながら、正社員としての仕事を自分のものにしていく向上心と努力が必要。

オンライン登録