ホームお仕事コラム働き方のメリット&デメリット>パート

メリット

税金などの優遇がある

なんといっても扶養範囲内(収入面や労働時間など)で就業ができれば、配偶者控除が受けられ社会保険での加入条件にはならないなどの優遇措置がある。しかし最近では収入枠や労働時間の引き下げが政府で検討されており、今後は働くことの意志と扶養範囲にこだわることを家族含めて検討していく必要がある。

定時で帰りやすい

残業がなく、定時で帰りやすいので、子供を持っている女性などが働きやすい環境である。また、「子供を持った母親」が集まるので、同じ環境の人同士でコミュニティの輪を築きやすい。

長く勤務すれば昇給をする企業もある

長く勤務し、誠実さや能力が認められれば、昇給をする場合もある。最近ではデパートやスーパーなどで、現場の統括的ポジションなど、重要な役回りを任されるという例も少なくない。

デメリット

時給が低いケースが多い

長期間勤務して業務の幅やスキルが上がっても、勤務時間に制約があるため、時間給が低い場合が多い。

責任の重い仕事は任されないことが多い

最初に求められるのは単純作業などが多く、いきなり高いレベルの仕事を求められるのは珍しい。基本的にはルーティンワークを長期間するようになるケースが多い。

ときには仕事と家庭との両立ができないケースも

小さな子供がいたりすると急な病気や学校行事で欠勤する必要もあり、仕事との両立が困難になる場合がある。会社は理解してくれても欠勤や遅刻によって周囲の方に迷惑がかかったりして、人間関係に悩む可能性があるため、家庭における理解とバックアップの手段を講じたい。

オンライン登録